日腸工業株式会社

会社概要

代表挨拶

当社のホームページにアクセス頂きありがとうございます。
当社は、縫合糸メーカとしては古い歴史を持ってきた会社でございます。
縫合糸は、最もスタンダードな創傷閉鎖材料であり古くは紀元前30世紀から使用されております。その中で当社は、カットグットとういう天然吸収糸を起源として設立した会社でございます。その後、シルクなどの天然糸から合成糸に、また体内で溶ける合成吸収糸など日腸工業は、医療用縫合糸をはじめとする様々な医療用製品を製造し、微力ながら医療の発展に尽くしてきました。

医療は多くの方々によって支えられております。私どもの製品は、あくまでもお医者様や看護師様の方々に使用されてお役立て出来るものではありますので、製品を使用される方、使用する方両方の安心、安全を第一に考えております。医療関係者様、代理店様など多くの方々にご指導、時には叱咤激励を頂きながら当社は成長してまいりました。そしてその様な方々と築き上げてきた信頼こそが私どもの強みとなっております。
日本の医療は変革の時代に突入しております。特に高齢化社会に入り、今までとは違うニーズが求められてきます。当社が築き上げた信頼を損なうことなく、新たな信頼を築き上げていく 品質を向上させて行くことはもちろんの事、変革の時代に合う製品を生み出していく事が私どもの責務だと考えております。どうぞ今後ともご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。
代表取締役社長 川北 立明

会社概要

会社名 日腸工業株式会社
本社所在地 東京都目黒区自由が丘2丁目4番16号
設立 昭和29年2月
資本金 1,200万円
代表取締役社長 川 北 立 明
工場 鹿児島工場(鹿児島県日置市)
営業所 名古屋営業所(愛知県名古屋市)
大阪営業所(大阪府高槻市)
四国営業所(香川県琴平町)
福岡営業所(福岡県福岡市)
従業員数 51名(男20名、女31名)
〈内鹿児島工場 男10名、女28名 計38名〉
事業内容 ①手術用縫合糸・針製造、販売
②手術用機器輸入・販売ほか
加盟団体 日本医療用縫合糸協会 ほか
主要取引先 ㈱ホギメディカル、㈱琉球光和、小西医療器㈱
㈱キシヤ、㈱エヒメ医療器、宮野医療器㈱
各地域主要器械店
平成30年2月現在

アクセス

東京本社
〒152-0035
東京都目黒区自由が丘2-4-16
TEL (03) 3718-6211 FAX (03) 3718-9506
鹿児島工場
〒899-2201
鹿児島県日置市東市来町湯田5839-23
TEL (099) 274-3931 FAX (099) 274-3981
名古屋営業所
〒468-0020
愛知県名古屋市天白区平針南3丁目506
TEL ・ FAX (052) 853-9158
Map
大阪営業所
〒569-0071
大阪府高槻市城北町1丁目14番28号
TEL (0726) 73-9053〔代表〕FAX (0726) 73-9835
Map
四国営業所
〒766-0003
香川県仲多度郡琴平町五條711番地7
TEL (0877) 75-3151 FAX (0877) 75-3152
Map
福岡営業所
〒811-0202
福岡県福岡市東区和白3丁目9番22号みのるビル 204号
TEL (092) 608-1755 FAX (092) 606-8815
Map

沿革

昭和29年 2月 会社設立。カットグットの製造、販売を開始。
昭和36年 5月 神奈川県津久井郡に工場を建設。
カットグットと併せ、ブレイドシルクの製品開発に着手。
昭和47年 5月 東京都目黒区に本社・東京工場を新築。
製造設備の近代化と製品の試験、開発の組織を充実化。
昭和48年 1月 急増するディスポーザブル製品需要に添うため、鹿児島県日置郡に工場建設。
昭和53年 1月 川北秀哉が代表取締役社長に就任。
生産体制の確立を計り、各種製品の需要に対処すべく販売面を強化。
昭和57年 8月 鹿児島工場を増築して生産体制を強化。
昭和60年 3月 米国サージカルスペシャリティーズ社の日本国内における代理店となる。
昭和61年 6月 福岡県福岡市に福岡営業所を開設して営業体制を強化。
平成 2年 7月 大阪府高槻市に大阪営業所を開設。
平成 3年 5月 KKサージカルシートの製造販売開始
平成 4年 6月 香川県善通寺市に四国営業所を開設。
平成 8年 5月 インドジェイサージカル社の替え刃メスを発売。
平成 8年 9月 鹿児島新工場を建設、製造工程の一本化。
平成 9年 2月 (株)ホギメディカルと取引開始。
平成11年 8月 韓国サムヤン社の合成吸収糸を発売。
平成15年 10月 インドサージウェア社と業務提携。
平成18年 8月 アスクル(株)と取引開始。カタログ販売に参入。
平成18年 9月 ISO9001:2008 ISO13485:2012認証取得。
平成19年 9月 合成吸収糸サージソーブの製造開始。
平成19年 12月 鹿児島大学と共同開発した深部持針器を発売開始。
平成21年 6月 ラパロ用持針器を発売開始。
平成23年 4月 愛知県名古屋市に名古屋営業所を開設
平成23年 8月 合成吸収糸モノスティンガーをベアーメディックス社と共同で製造販売開始。
平成23年 11月 KKサージカルシートのX線不透過付きを製造販売開始。
平成25年 8月 香川県善通寺市から琴平町へ四国営業所を移転。
平成26年 7月 インドジェイサージカル社のSAFハンドルを発売。
平成26年 7月 米国メドガイン社製品の発売開始。
平成28年 7月 川北秀哉代表取締役社長が取締役会長に就任。
平成28年 7月 川北立明専務取締役が代表取締役社長に就任。
平成28年 12月 米国アドヘジョン社のサージシールを発売。

お問い合わせはこちら

受付時間:平日9:00~17:00
資料請求・お問い合わせ