日腸工業株式会社

NITCHO INDUSTRY

誇れる伝統がある。語れる未来がある。

NITCHO INDUSTRY
1954年の創業から半世紀にわたり、
縫合糸メーカーとして
医療業界の一翼を担いながら、
近年の医療技術のめざましい発展に
縫合糸以外の製品でも貢献しています。

HISTORY

昭和29年2月会社設立。カットグットの製造、販売を開始。
昭和36年5月神奈川県津久井郡に工場を建設。
昭和47年5月東京都目黒区に本社・東京工場を新築。
昭和48年1月急増するディスポーザブル製品需要に添うため、鹿児島県日置郡に工場建設。
昭和57年8月鹿児島工場を増築して生産体制を強化。
平成8年9月鹿児島新工場を建設、製造工程の一本化。
平成18年9月ISO9001:2008 ISO13485:2012認証取得。
平成19年9月合成吸収糸サージソーブの製造開始。

医療への想いを、カタチに。

できあがった製品には、
関わったすべての人の分だけ、
製品に対する思いが込められています。

本社・国内営業所・工場

本社・国内営業所・工場
border
東京本社
〒152-0035
東京都目黒区自由が丘2-4-16
03-3718-6211
名古屋営業所
〒468-0020
愛知県名古屋市天白区平針南3-506
052-853-9158
大阪営業所
〒569-0071
大阪府高槻市城北町1-14-28
0726-73-9053
四国営業所
〒766-0003
香川県仲多度郡琴平町五條711-7
0877-75-3151
福岡営業所
〒811-0202
福岡県福岡市東区和白3-9-22
092-608-1755
鹿児島工場
〒899-2201
鹿児島県日置市東市来町湯田5839-23
099-274-3931

鹿児島工場

鹿児島工場
昭和29年より鹿児島県日置市にてシルクの製造に着手してきました。その後生産体制の強化を図り、同市に新工場を設立し、生産から出荷まで鹿児島工場で行っております。
鹿児島工場では医療現場の品質要求に応えられるよう、平成18年よりISO13485を取得し、製品の品質向上に努めてまいりました。
シルクの製造から始まり、その後合成吸収糸など様々な医療用製品を鹿児島工場で製造しこの工場より全国の病院様へ製品をお届けしております。

お問い合わせはこちら

受付時間:平日9:00~17:00
資料請求・お問い合わせ
当社は、長きにわたり医療用縫合糸を主として医療機器の製造を行ってまいりました。
縫合糸の歴史は古く、最もスタンダードな創傷閉鎖材料でありますが、シルクなどの天然糸から合成糸に、その後体内で溶ける合成吸収糸など日々新しいものが開発されてきました。
そのなかで日腸工業は、医療用縫合糸をはじめとする様々な医療用製品を製造し微力ながら医療の発展に尽くしてきました。
また品質に対しても当社は力をいれてまいりました。当社はQMS体制をはじめとする品質システムを確立し、医療現場が求める品質に応えられるよう取り組んでおります。