日腸工業株式会社

沿革

沿革

昭和29年 2月 会社設立。カットグットの製造、販売を開始。
昭和36年 5月 神奈川県津久井郡に工場を建設。
カットグットと併せ、ブレイドシルクの製品開発に着手。
昭和47年 5月 東京都目黒区に本社・東京工場を新築。
製造設備の近代化と製品の試験、開発の組織を充実化。
昭和48年 1月 急増するディスポーザブル製品需要に添うため、鹿児島県日置郡に工場建設。
昭和53年 1月 川北秀哉が代表取締役社長に就任。
生産体制の確立を計り、各種製品の需要に対処すべく販売面を強化。
昭和57年 8月 鹿児島工場を増築して生産体制を強化。
昭和60年 3月 米国サージカルスペシャリティーズ社の日本国内における代理店となる。
昭和61年 6月 福岡県福岡市に福岡営業所を開設して営業体制を強化。
平成 2年 7月 大阪府高槻市に大阪営業所を開設。
平成 3年 5月 KKサージカルシートの製造販売開始
平成 4年 6月 香川県善通寺市に四国営業所を開設。
平成 8年 5月 インドジェイサージカル社の替え刃メスを発売。
平成 8年 9月 鹿児島新工場を建設、製造工程の一本化。
平成 9年 2月 (株)ホギメディカルと取引開始。
平成11年 8月 韓国サムヤン社の合成吸収糸を発売。
平成15年 10月 インドサージウェア社と業務提携。
平成18年 8月 アスクル(株)と取引開始。カタログ販売に参入。
平成18年 9月 ISO9001:2008 ISO13485:2012認証取得。
平成19年 9月 合成吸収糸サージソーブの製造開始。
平成19年 12月 鹿児島大学と共同開発した深部持針器を発売開始。
平成21年 6月 ラパロ用持針器を発売開始。
平成23年 4月 愛知県名古屋市に名古屋営業所を開設
平成23年 8月 合成吸収糸モノスティンガーを㈱ベアーメディックと共同で製造販売開始。
平成23年 11月 KKサージカルシートのX線不透過付きを製造販売開始。
平成25年 8月 香川県善通寺市から琴平町へ四国営業所を移転。
平成26年 7月 インドジェイサージカル社のSAFハンドルを発売。
平成26年 7月 米国メドガイン社製品の発売開始。
平成28年 7月 川北秀哉代表取締役社長が取締役会長に就任。
平成28年 7月 川北立明専務取締役が代表取締役社長に就任。
平成28年 12月 米国アドヘジョン社のサージシールを発売。

お問い合わせはこちら

受付時間:平日9:00~17:00
資料請求・お問い合わせ